自己紹介のコツ

お見合いパーティーの自己紹介では、お互いにあらかじめ記入しておいた「プロフィールカード」を交換して、3~5分程度の会話をします。全員と会話し終えたら、その中から第一印象の良かった人をピックアップします。プロフィールカードに、簡単に気にいった人の印象について記入しておきましょう。

お見合いパーティー第一印象の良かった人を選んでフリートークをすることになりますが、このとき自然に会話することが大切です。結婚相手としての条件が気になって職業質問のようになってしまうと、印象が悪くなります。短時間で相手のすべてを知ることは難しいので、フリートークは気にいった相手とカップルになるための手段と割り切った方がよいでしょう。お見合いパーティーが終わった後も会ってみたいと思える相手を探してください。

フリートークが終わると、主催者がカップルとなった男女の番号を発表します。自分にまったく気のない相手を選ぶ人は少ないですから、フリートークで会話が盛り上がった相手がいれば、選ばれる確率は高くなります。ここでカップルになれなくても、再チャレンジできるシステムのあるお見合いパーティーがあります。参加費用や出かけた時間を無駄にしないためにも、効率よくお見合いができる婚活パーティーに参加しましょう。

お見合いのタイトル

いろんなタイトルのお見合いのできる婚活パーティーが開催されていますから、興味の持てそうなタイトルのものにご参加ください。たとえば、医師や弁護士といった高収入の男性と知り合いたければ、そのような男性が多く集まりそうなお見合いパーティーに申し込むことです。離婚経験者だけを集めたお見合いパーティーのようなものもありますので、タイトルを見ればだいたい集まるメンバーの予想がつくでしょう。

スポーツ好きの男性スポーツが好きな女性などは、タイトルに「スポーツ好きの男性」のように書かれているお見合いパーティーに参加すれば、話が合いそうです。また、スポーツでも、野球とかサッカーとか、さらに種目が分かれているお見合いパーティーもあるので、特定のスポーツにこだわりがある場合は、よりターゲットをしぼることも可能です。

20代の女性を結婚相手に希望している男性は、「20代女性限定」のお見合いパーティーに参加すれば、年齢でフィルタリングする手間が省けますし、「高身長の男性限定」のお見合いパーティーに参加すると、背の高い男性だけを選ぶことができます。自分のこだわっている条件が何かによってお見合い相手を選ぶことができるので、より理想の相手と知り合う確率が高くなります。

お見合いができる婚活パーティー

お見合いができる婚活パーティーは、結婚を前提として付き合いたい異性を探すためのものなので、参加する際にポイントをしぼることが大切です。最近のお見合いパーティーは細分化されているので条件をしぼることができて、より好みに近い異性を探しやすいものとなっています。

お見合いパーティー20代女性限定、公務員限定、タバコを吸わない人限定など、自分が重視している条件で募集しているお見合いパーティーを探せば、タイトルを見て知り合いたい人をしぼり込むことができます。ばくぜんと「誰かいい人と知り合いたい」という気持ちで参加しても、迷ってしまって決められないことがあります。こだわっている条件があるなら、専門のお見合いパーティーに参加した方が効率よく結婚相手が探せます。

お見合いパーティーに参加したあとですが、前半に自己紹介、後半にフリートークがあります。自己紹介で相手がどんな人かを知り、その中で気にいった人を選んでトークをするという流れになります。参加者は胸に番号をつけており、フリートークが終わった後に、主催者によってカップルとして成立した男女の番号が発表されます。

カップルとして不成立な場合も、気になる相手に再チャレンジできるシステムのあるところがあります。お見合いパーティーが終わったあとで、「あの人と話しておけばよかった」と後悔するようなことがありそうです。そのようなお見合いパーティーであれば、出会いのチャンスを最大に活かすことができるのではないでしょうか。